iDeCo(イデコ)とは【メリットデメリット】

※本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では「iDeCo(イデコ)って聞いた事あるけどよくわからないので教えて欲しい。」という方に向けてiDeCoの概要からメリットデメリット、そして申込み方法まで、まるっとわかりやすく解説します。是非ご覧ください。

マネックス証券 iDeCo
スポンサード
目次

iDeCo(イデコ)とは


iDeCo(イデコ)の概要を解説します。

iDeCo(イデコ)は、個人型確定拠出年金の略であり、日本の年金制度の一環です。

これは、個人が自ら積み立てる形で将来の年金収入を確保するための仕組みであり、税制面での優遇措置があり、毎月5,000円から積み立てが出来ます。

個人が自分で運用することが求められ、将来の年金受給資金を増やすための制度です。

公的年金制度だけでは将来お金が足りなくなる可能性も考え、「将来受け取る年金を増やしましょう」という制度です。

公的年金の受給額は、具体的な要因によって異なりますが、一般的な目安としては老齢年金の場合月平均で56,368円となっていて、これに老齢厚生年金を加えると合計の平均受給額145,665円となります。

老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給するにはそれぞれ条件があります。

「老齢基礎年金」を受給するには、

国民年金に加入していた人が65歳以上に達した場合に「老齢基礎年金」受給の対象となります。

「老齢厚生年金」を受給するには、

厚生年金に加入していた人が60歳から70歳までの期間に支給されます。

ナビナビ保険

iDeCo(イデコ)の受給は何歳から?

通常は60歳から始まります。

60歳から70歳までの間で受給開始時期を選択できることが一般的です。

この間に受給を開始しなかった場合、70歳になると強制的に受給が始まるルールがあります。

ちなみに60歳以上で初めてiDeCoに加入した方は、通算加入者等期間を有しなくても加入から5年を経過した日から受給できます。

iDeCo(イデコ)のメリット

iDeCo(イデコ)のメリットを解説します。

マネックス証券 iDeCo

税制優遇

iDeCoへの拠出額は所得控除の対象となり、年間40万円までの拠出額に対して所得税の軽減が受けられます。

例えば、2023年にiDeCoに拠出した場合、その拠出額は2023年の所得税の計算において控除され、税負担が軽減されます。

したがって、iDeCoを利用することで、拠出した年に税金の節約が実現される仕組みです。

運用益の非課税

iDeCoで運用した資産の利益が非課税となります。これにより、将来の年金受給資金を増やす効果が期待されます。

長期運用のメリット

年金受給までの長期間にわたる積み立てが可能であり、長期間の資産運用によって老後の資金を増やすことができます。

選択肢の多様性

iDeCoでは複数の運用商品から自分のリスク許容度に合った選択ができ、自分の資産運用を柔軟に行えます。

雇用者(勤め先)の協力不要

個人でiDeCoに加入できるため、基本は雇用者(勤め先)の協力が必要ない点がメリットとされます。

スポンサード

iDeCo(イデコ)のデメリット

iDeCo(イデコ)のデメリットを解説します。

制約された取り崩し

原則として60歳にならないと拠出した掛金とその運用益を引き出すことができません。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、老後の資産形成を目的とした年金制度であるからこそ、税制の優遇が行われることになっています。

60才(引出し可能)までに大きな出費のあるイベントがある場合は、必要な分を現金(銀行預金)などで確保しておくのが良いでしょう。

将来の税制変更リスク

現行の税制に依存しているため、将来の税制度変更によっては税制上のメリットが減少する可能性があります。

NISAも2024年から制度内容が大きく変更になりますし(この場合良い方に変更されました)、どの制度にも言える事ですが、この先、iDeCo制度の内容が良い方にも悪い方にも変更になる可能性もあるという事を頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

運用リスク

イデコの運用は自己責任で行われるため、選択した運用商品や市場の変動によるリスクがあります。

「元本確保型」の商品もありますが、こちらもNISAと同じで投資信託等の商品の場合は、元本を下回る可能性もあります。

しかし優良な投資信託を選択する事で、15年、20年と長期で運用していけば結果、マイナスになる事はほぼ考えにくいと思います。これは、優秀な投資信託を15年運用すればマイナスにならなかったという歴史が結果としてあるからです

WealthNavi

もちろん、これから先の事は誰にもわかりませんが、あなたが「世界は今後も発展をし続けて行く」と考えられるなら運用する価値は充分あると思います。

雇用者(勤め先)の協力が必要な場合がある

 例えば、勤め先の給料から毎月iDeCoの運用額を天引きしてもらう場合の手続きなどです。

勤め先がiDeCo(イデコ)を導入しており、かつ協力が必要な場合、雇用者(勤め先)の方針や手続きに左右されることがあります。

手数料の負担

金融機関に支払う手数料が発生するため、これが老後資金を減少させる要因となる可能性があります。

毎月発生する口座管理手数料(毎月積み立てる場合)

金融機関によって違います。

ネット証券会社のマネックス証券では業界最安水準の月額171円です。証券会社でも対面窓口での運用となると200円〜300円程度が毎月かかります。ちなみにゆうちょ銀行だと月額325円です。

これが何年、何十年と掛かる事を考えれば手数料は安い方がいいですよね。

iDeCo(イデコ)に限らずですが、例えば投資信託を運用する場合、年率で約0.5〜2%程度の信託報酬(手数料)がかかります。優れた投資信託だとこの信託報酬が安い事が多いので良く調べた上で運用する事をおすすめします。

https://rougosikin-up.com/beikoku/
https://rougosikin-up.com/osusumemeigara/
スポンサード

iDeCo(イデコ)の申込みから開始まで

iDeCo(イデコ)の申込み方法を紹介します。

申込み手順や必要書類は会社によって異なるため、具体的な情報は選んだ金融機関の公式情報や担当者に確認することが重要です。

金融機関の選定

イデコを利用するためには、まず金融機関を選定します。

銀行や証券会社、保険会社などが提供しています。各社のiDeCo商品や手数料、運用方針などを比較して適切な金融機関を選びます。

必要書類の入手

選んだ運用会社のウェブサイトや窓口で、iDeCoに必要な申込書や契約書、必要な書類などを入手します。

申込み手続き

入手した書類をもとに、運用会社に対して申込み手続きを行います。これには本人確認書類や口座情報の提供が含まれます。

口座開設

申込みが受理されると、iDeCo口座が開設されます。この口座に拠出額が振り込まれます。

拠出の開始

iDeCo口座が開設されたら、定期的に拠出を行います。これは月々の定額拠出や一時的な追加拠出が含まれます。

運用商品の選択

iDeCoでは運用商品の中から希望の商品を選び、運用方針を決定します。

iDeCoを運用していくにあたり、個人的におすすめの会社は「ネット証券会社」です。

一般的に「窓口」で対面でやり取りする「店舗型」の会社よりも手数料が安いです。

スポンサード

まとめ

この記事ではiDeCo(イデコ)の概要、申込みから開始するまでの手順を解説しました。

iDeCoの1番のメリットは「税制優遇」です。本来掛かってくるはずの税金を減らす事が出来ます。これは大きいですよね!そして毎月積み立てていき、「老後の資産を増やしていきましょう」という訳ですね。

そして、iDeCoの1番のデメリットは最低60才になるまでお金を出せない事です。もし60才までに家を建てるとか学費などの大きな出費が控えているならその分はiDeCoで運用せずに現金(銀行預金など)で確保しておく事が望ましいです。

あるいは、iDeCoと新NISAを併用するのもありだと思います。そうすれば新NISAで運用している分はいつでも取り崩せますのでいざという時に安心です。

税金を減らしながら老後資金も増やしていけるiDeCo制度を利用して、豊かな老後を自分にプレゼント出来るのはとても魅力的な制度ですね。

ネット証券会社であるマネックス証券でiDeCo口座の開設が出来ます♪「初めての資産運用でも安心」のサービスが充実!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサード
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スポンサード

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次