〜お知らせ〜 バフェッサ動画視聴で豪華特典プレゼント4/21まで。詳細はこちら!>>

【アップル】電気自動車撤退か?EV市場に激震!テスラは競争相手減で歓喜?【2024/3/1】

※本ページはプロモーションが含まれています。

皆さん、こんにちは

誰もが知っているアメリカの大手企業アップル(Apple)ですが、2024年2月27日にEV開発計画中止のニュースが入りました。

この記事は、アップルの電気自動車(EV)開発プロジェクト中止に関するニュースをまとめています。

この記事を書いた人
  • つみたて投資枠で運用中
  • 成長投資枠で運用中
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)保有
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)保有
  • iFreeNEXT FANG+インデックス保有
  • ニッセイNASDAQ100インデックスファンド保有
  • 証券会社2社を口座開設済み
  • 簿記3級取得
ココ

はじめまして
ココです

スポンサード
見たい項目をタップできる目次

アップル、EV開発中止のニュースで衝撃走る

2024年2月27日、アップルは10年近く進めてきた電気自動車(EV)開発プロジェクトを中止になりそうだというニュースが飛び込んできました。

このプロジェクトは、同社史上最も野心的なプロジェクトの一つであり、2000人以上の従業員が携わっていました。

Bloombergによると、まだ非公開の情報ですが、匿名の関係者により語られたとのことです。

アップルは2024年2月27日、社内でこの情報を共有し、同プロジェクトに携わる約2000人の従業員に驚きをもって迎えられたという。

非公開情報であることを理由に匿名で語った関係者によると、今回の決定はジェフ・ウィリアムズ最高執行責任者(COO)と自動車プロジェクトを統括するバイスプレジデントのケビン・リンチ氏から従業員に伝えられた。

Bloomberg

大きなプロジェクトが中止になったんですね。

AI開発への注力

アップルはEV開発プロジェクトを中止する一方で、人工知能(AI)開発に注力していくことを明らかにしました。具体的には、生成AIと呼ばれる分野などの開発を加速させるとしています。

このニュースは一部投資家に安心感をもたらしました。

株価も反発して、0.8%高で取引を終えた。

ほっと一安心ですね。

アップルのEV開発プロジェクト中止は残念ですが、AI開発への注力によって、新たな革新的な製品やサービスが登場することに期待しています。

EV開発プロジェクトの苦難

アップルのEV開発プロジェクトは、2014年頃にスタートしました。当初は2020年代前半の発売を目指していましたが、技術的な課題や経営陣の交代などの影響により、発売時期は何度も延期された。

関係者によると、アップルの最高幹部はここ数週間でこの決定を下していたとのこと。

EV開発プロジェクトは、アップル社内で複数のチームが担当していましたが、経営陣の交代によってプロジェクトの体制や方向性が何度も変更されました。これは、プロジェクトの混乱を招き、開発の遅延につながった可能性があります。

開発から10年経っての中止は厳しいですね・・・。

EV市場の現状

近年、EV市場は急速に成長していますが、高価格や充電インフラ不足などの課題も依然として存在します。また、2023年に入ってからはEV販売の伸びが鈍化しており、競争が激化している状況です。

EV市場は、成長の意欲はあるものの、多くの課題も存在しています。今後、EVが普及するためには、これらの課題を克服する必要がありますね。

スポンサード

アップル撤退の影響

アップルのEV開発プロジェクト中止は、自動車業界全体に大きな影響を与える可能性があります。特に、テスラなどの競合EVメーカーにとっては、大きな朗報となるでしょう。

【アップルのEV開発中止】自動車業界の反応

アップルのEV開発計画中止は、自動車業界に大きな波紋を呼びました。

自動車メーカーにとっては、競争相手が減る歓迎すべきニュースと言えるでしょう。

特に、テスラ、GM、フォードなどの大手メーカーは、アップルの参入を警戒していたため、安堵のため息を漏らしているのではないでしょうか。

テスラにとっての恩恵

アップルの撤退は、テスラにとって最大の朗報

アップルは、テスラと同様にハイテクの魅力を持つシリコンバレーの企業であり、EV市場における競争相手として大きな脅威となっていました。

アップルの撤退により、テスラは競争相手が減り、「ステータスカー」としての地位を確立しやすくなります。

アップルの計画中止を受けて、イーロン・マスク氏は27日にX(旧ツイッター)に敬礼する絵文字の入った投稿をしたそうです。

今後のEV市場

アップルの撤退は、EV市場にとって大きな転換点

今後、EV市場はテスラ、GM、フォードなどの大手メーカーによる競争がさらに激化する可能性があります。

また、EV市場の成長速度は鈍化し、各社は生き残りをかけて厳しい戦いを強いられることになるでしょう。

スポンサード

今後のアップル

アップルは今後もAI開発に注力していくことで、新たなビジネスチャンスを創出していくことを目指していくと考えられます。

今回のEV開発計画中止のニュースには驚きましたが、アップルにはAI開発においての強みがあります。

AI開発において以下の強み

  • 巨額の研究開発投資
  • 優秀な人材の確保
  • 豊富なデータの蓄積
  • 独自のハードウェアとソフトウェアの開発能力

AI開発において以下の分野に重点を置いています。

アップルのAI開発の重点分野

  • 音声アシスタント「Siri」
  • 画像認識技術
  • 機械学習技術

アップルは、AI開発を今後も積極的に進めていくことで、新たなビジネスチャンスを創出していくことを目指しています。今後、どのような革新的な製品やサービスが登場するのか、注目ですね。

記事の参照元:Bloomberg

投資をもっと学びたい人は バフェッサ公式ページ

私も視聴したバフェッサは、通常5,000円の投資講座の動画が今だけ無料で視聴できます。
4月21日までなら総額15万円相当の特典付きAmazonギフト券が抽選で10万円分もらえるかも!

スポンサード

【全員に現金3,000円】4/30終了

で口座開設と5万円入金だけで現金3,000円プレゼントというキャンペーンをやっています。(取引無しなのでノーリスク。)

ありがたく貰っちゃいましょう≫

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

スポンサード

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

見たい項目をタップできる目次