【新NISA】NASDAQ100(ナスダック)とは【組入銘柄上位10】

※本ページはプロモーションが含まれています。

皆さん、こんにちは

2024年から新NISAが始まり、どの銘柄を運用するか迷われている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、私も保有しているNASDAQ100(ナスダック100について解説していきます。

この記事を書いた人
  • つみたて投資枠で運用中
  • 成長投資枠で運用中
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)保有
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)保有
  • iFreeNEXT FANG+インデックス保有
  • ニッセイNASDAQ100インデックスファンド保有
  • 証券会社2社を口座開設済み
  • 簿記3級取得
ココ

はじめまして
ココです

この記事でわかること

  • NASDAQ100(ナスダック)の概要
  • NASDAQ100(ナスダック)を指標にしているおすすめのインデックスファンド
  • S&P500との違い
  • ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの注意点

結論!

NASDAQ100を理解することができ、新NISAでの運用のコツが分かる!

これから新NISAを始めようと考えている方にもおすすめの記事です。

投資は自己判断で行いましょう。本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

スポンサード
目次

NASDAQ100(ナスダック100)とは米国の株式指数です

NASDAQ100(ナスダック100)とは、米国のナスダック市場に上場する金融セクターを除く時価総額上位100社の株式で構成される株価指数です。

NASDAQ100(ナスダック100)指数について

NASDAQ100(ナスダック100)とは、米国の証券取引所「ナスダック」に上場している企業約3,000銘柄の内、アップルや、マイクロソフト、アマゾン、Google、コストコ、フェイスブックなど規模の大きな企業100社で構成されれいる株価指数です。(金融セクターを除く時価総額上位100社)

証券取引所「ナスダック」には、ハイテク企業の多くが上場しています。これから大きな成長が見込まれる、ベンチャー企業向けの証券取引所です。

米国の代表的な指数であるS&P500よりリターンが大きい事から今とても注目されている

ナスダック100とS&P500の比較チャート(2023年12月3日時点)
S&P500を大きく上回っています。

Googleファイナンス引用
次元

ナスダックの勢いすごいですね!

NASDAQ100(ナスダック100)の概要

ナスダック100の概要を見てみましょう。

下の表は、ナスダック100指数を指標にしたインデックスファンドであるニッセイNASDAQ100インデックスファンドの上位10銘柄です。

SBI証券ニッセイNASDAQ100インデックスファンド月間レポートより引用
2023年10月末現在

上位10銘柄だけで全体の比率の約50%を占めています。

ココ

それだけ、上位10銘柄の勢いが凄いという事ですね!

銘柄数が101になっているのは、アルファベット(Googleの親会社)が2つの銘柄(A、C)を有している為で、企業自体は100社で構成されています。

スポンサード

S&P500とNASDAQ100(ナスダック100)の違い

S&P500とNASDAQ100(ナスダック100)の違いを見ていきましょう。

大きな違いは、組入銘柄の数

S&P500とNASDAQ100(ナスダック100)の組入銘柄数

  • S&P500は500社
  • NASDAQ100(ナスダック100)は100社

となっています。

S&P500の方が分散が効いてますね。

次にS&P500の組入銘柄を見ていきます。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の組入銘柄

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の組入銘柄の上位10社

SBI証券

S&P500と、NASDAQ100(ナスダック100)の組入銘柄トップ10同士を比べると、実はほぼ同じ銘柄ですが、組入比率が違う為にリターンの差があります。

S&P500は、米国の大規模な企業500社で構成されています。

新NISAで運用する場合、「長期運用」を考えている方が多いと思います。さらに、「分散投資」も重要になりますので私の場合は以下のように運用しています。

私の運用方法

100社と500社なら、500社の方が「分散」が効いていますから、メインでS&P500を運用し、少ない割合でナスダック100を運用しています。

次元

なるほど、割合を考えて運用するんですね。

スポンサード

ニッセイNASDAQ100インデックスファンド

ここでは「ニッセイNASDAQ100インデックスファンド」について解説します。

ナスダック100を指標にしているおすすめのインデックスファンドは、ニッセイNASDAQ100インデックスファンド

おすすめポイントは信託報酬が安いこと

信託報酬は0.2035%

100万円運用中の1年間で掛かるコストは、2,035円です。

参照:SBI証券

ココ

他にもナスダック100を指標としたインデックスファンドはありますがコストが全然違ってきます。

例えば、大和-iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの信託報酬は

0.495% 

100万円運用中の1年間で掛かるコストは、4,950円

参照:SBI証券

同じ指標でも倍以上もコストが違います。インデックスファンドは長期運用が基本です。10年以上、もしかしたら20年30年と運用する可能性もあります。そうなると、コストは安い方がいいですよね。

そういう理由で、私はニッセイNASDAQ100インデックスファンドを選びました。

スポンサード

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの注意点

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの注意点

現在、つみたて投資枠での運用が出来ません。
成長投資枠のみで運用可能です。

「つみたて投資枠」「成長投資枠」それぞれの枠において、年間で投資出来る金額の上限が決められています。

新NISAの場合、年間の投資額上限はそれぞれ

  • つみたて投資枠は、120万円
  • 成長投資枠は、240万円

です

参照:金融庁HP

成長投資枠の方が年間の上限金額が多いので「何が問題なの?」と思われた方もいると思います。

これは、非課税保有限度額が1,800万円までという事に対して、成長投資枠では1,200万円までしか保有出来ないからです。

しかし、私の場合はこれで十分過ぎるほどの上限です。

もしこれ以上の金額を投資したい場合は、利益に対して約20%の税金は掛かりますが特定口座で運用するのもアリです。

余っている、眠っている現金があるのでしたら何もせずに置いておくより税金が掛かったとしてもそれ以上に利益を生む可能性が高いインデックスファンドを運用する方が良いと思います。

スポンサード

まとめ

この記事では、以下について解説しました。

  • NASDAQ100(ナスダック)の概要
  • NASDAQ100(ナスダック)を指標にしているおすすめのインデックスファンド
  • S&P500との違い
  • ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの注意点

投資初心者の人は、メインの運用を全世界株式オールカントリーやS&P500にして、スパイス的にナスダック100を組み合わせるのがおすすめです。

ココ

インデックスファンドを選ぶ際コストの確認もしましょう。

投資を基礎から教わりたい人はこちらがおすすめです→ バフェッサ公式ページ

通常5,000円の投資講座の動画が今は無料で視聴できます。3月10日までなら17万9,200円相当の特典も貰えます。

スポンサード
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スポンサード

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次