【新NISA】全世界株式オールカントリー【おすすめ銘柄】投資初心者にわかりやすく解説

※本ページはプロモーションが含まれています。

皆さん、こんにちは

新NISAが始まってどの銘柄を運用するか迷っている人もいるのではないでしょうか?

今回は、優良インデックスファンドの王道であるeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について投資初心者に向けて解説していきます。

「投資信託とかインデックスファンドとか良くわからないよ」という人もぜひご覧になってください。

この記事を書いた人
  • つみたて投資枠で運用中
  • 成長投資枠で運用中
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)保有
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)保有
  • iFreeNEXT FANG+インデックス保有
  • ニッセイNASDAQ100インデックスファンド保有
  • 証券会社2社を口座開設済み
  • 簿記3級取得
ココ

はじめまして
ココです

この記事がおすすめな人

  • ファンド(投資信託)って何?
  • インデックスファンドって何?
  • アクティブファンドって何?
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について知りたい

この記事でわかること

  • ファンド(投資信託)の概要
  • インデックスファンド
  • アクティブファンド
  • 優良インデックスファンドとは
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

結論!

この記事を読むと、優良インデックスファンドであるeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を深く知ることができる。

スポンサード
目次

投資信託(ファンド)とは企業の詰め合わせ商品です

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の解説の前情報として、投資信託(ファンド)について解説いたします。

ファンド(投資信託)とは

ファンドとは色々な株式や債券などの詰合せパック商品の事です。

ココ

投資信託とファンドは同意語です。

一般の株取引というと1つずつの企業の株を買ったり売ったりする訳ですが、優良ファンドをひとつ持てば、それだけで沢山の企業や国、債券、不動産などに投資ができます。

値動きに関しては、一般の株取引は証券取引所の営業時間の間は取引がある毎に値動きする一方で、ファンド(投資信託)の値動きは平日の夜1日1回のみです。

そして、ファンドには2種類の「インデックスファンド」と「アクティブファンド」があります。

インデックスファンドとは

インデックスとは指標の事。ファンドとは投資信託の事。インデックスファンドとは、市場全体の動きを表す代表的な指数に連動した動きを目指す投資信託です。

例えば、日経平均やNYダウなど聞いた事ありませんか?これらが指標です。こういった指標の動きに連動するように運用してくれます。

インデックスファンドを選ぶ際、何を指標としているのかが最重要になります。

アクティブファンドとは

アクティブファンドとは、指標を上回る成績を目指すファンドです。

「じゃあこっちの方がいいじゃないの?」と思われる方もいると思いますが、いざ蓋を開けてみると、まずインデックスファンドよりコストが高いです。

プロフェッショナルのファンドマネージャーが色々な調査や分析をする為、コスト多くかかってきます。コストは運用中ずっとかかりますので、ファンドを選ぶ際に非常に重要なポイントになります。

更に結果成績が伴わずアクティブファンドが負けるケースもあるので、ファンドマネージャーの考え方に共感出来るかもポイントになります。

優良インデックスファンドとは

ココ

優良インデックスファンドとは、以下のような点が挙げられます。

  1. ファンドが目標としている指標が、長期で見ると右肩上がりになる事が期待できる。
  2. 多くの国、企業などに幅広く分散出来ている。
  3. コストが安い。
次元

なるほど、ファンド選びのポイントが分かってきたぞ。

スポンサード

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

優良インデックスファンドの代表格であるeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を紹介します。

指標はMSCI全世界株式オールカントリー

この銘柄を1つ運用するだけで、アメリカ、日本、イギリスなどの先進国23カ国、インド、中国、韓国などの新興国24カ国、約2,900銘柄に幅広く分散投資が出来る。

この中の何社かがもし倒産したとしても他の企業が補えるという事。

更にファンドの中身のメンテナンスを運用会社がやってくれます。

私たちが何もしなくても、運用会社が成績の良い企業を残し、成績の悪い企業は外していくという入れ替えをしてくれます。

一度運用を開始したら後は毎月コツコツ積み立てて、ほったらかしでOKなのです!

コストが最安値

eMAXIS Slimシリーズのファンドは業界最低水準の運用コストを将来に渡って目指し続けるをコンセプトとした三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンドです。

2023年11月現在で信託報酬率(コスト)は0.05775%

100万円運用したとして1年で577円と、とても安いです。

これが少しずつ保有額から引かれていきます。

ある日突然一気に引かれることはありませんのでご安心ください。

ファンドによってこの信託報酬率は違います。

もしコストの事を知らずに仮に1%のものを運用していたとしたら、100万円の運用で年間1万円も掛かってきます!!

信託報酬率は要チェックです。

似た名前のファンドが沢山ありますので注意です。

年率5%の運用が期待出来る

指標であるMSCI全世界株式オールカントリーのリターン率(利益率)は、仮に20年前から投資をしていたとしたら年率9.5%です。

100万円が616万円になっているという事です!

この先の未来の結果は誰にもわかりませんが、今までよりも世界経済の成長のスピードはゆっくりになると見据えても年率5%は期待出来るファンドという事です。

マイインデックス参照

複利効果について

100万円投資してその後ほったらかしていただけで20年後に616万円てどういう事?ってなりますよね。

例えば100万円投資後、投資信託の基準価額(株式で言う株価)が5%上昇したとします。

すると100万円の5%なので保有額は105万になります。

その後更に3%上昇したとします。

保有額に対して運用収益率が掛かるので105万円に3%で1,081,500円になります。

ココ

これが積み重なって大きくなっていく訳です。

この複利効果はすごい力を持っている訳ですね。

長期運用中に元金を下回る事も普通にあります。

コロナショックの時も一気に下がりましたが今は最高値を更新してます。(2023年11月現在)

もし、コロナショックの時に手放してしまった人は後悔しているかもしれません。

優良インデックスファンドである全世界株式オールカントリーは上がったり下がったりしながら長期的に見ると右肩上がりになっています。

それをわかって運用する事が大事です。

途中で怖くなって手放した後急上昇するなんて事は良くあります。

ほったらかし運用にして、普段の生活を送るのがベストです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の組入銘柄

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の組入銘柄上位10社は以下の通りです。

SBI証券
ココ

知っている企業もあるのではないでしょうか。このような企業がeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)には約2,900銘柄含まれています。

スポンサード

まとめ

この記事では以下について解説しました。

  • ファンド(投資信託)とは
  • インデックスファンドとは
  • アクティブファンドとは
  • 優良インデックスファンドとは
  • 優良インデックスファンドeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

優良インデックスファンドであるeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は名前の通り、全世界をまるっとカバーして投資が出来るファンドです。

投資初心者の方が最初に選ぶ銘柄にピッタリですね

ココ

私の最初の銘柄は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)でした。

投資を基礎から教わりたい人はこちらがおすすめです→ バフェッサ公式ページ

通常5,000円の投資講座の動画が今は無料で視聴できます。3月10日までなら17万9,200円相当の特典も貰えます。

スポンサード
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スポンサード

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次